前回のお話はこちら

無事にビザを取得できて感動!だったわけですが、
本当に入国できるまでは何があるかわからないと思っていたので、
一息ついた後は、今度はハワイでの入国審査の心配。

それも、たった2ヶ月弱前に
スーツケース2個、ゴルフバック1個に詰めるだけ荷物を詰めて、
重量オーバーで帰国。

別途3箱も郵送(1個送るのに1万円)して、
やっと部屋に片付けたところ、
また同じような荷物を持ってハワイに戻る準備です。爆
わかっちゃいたけど、お金と労力がかかって仕方がないね〜。

ここまでして、ハワイの入国審査で落とされたら
たまったもんじゃない!

ハワイに行く日は、
機内持ち込みの鞄の中には分厚い書類の山が。
何を聞かれてもいいように、以前の申請書類も含めて、持参しましたよ!

飛行機の中でも大使館の面接と同じように、
暗記した内容を繰り返して、何を聞かれても大丈夫なように準備。
飛行機の中でもリラックスなんて出来るわけがない。

旅行で来ている時には感じたことがない、
あの入国審査の順番を待ってる間の
緊張感たるや
、、、。笑

いろんな話を聞いちゃってるからね、余計にビビる。

別室に連れて行かれて、質問を浴びせられ、
スーツケースも開けられて、いろいろと聞かれて、、、
入国するのに何時間も足止めされたことがあるお友達や、
そこで入国を許可されず、そのまま強制送還された人もいるもんだから、
もう怖くて仕方がない。

まぁ、私はそんなドキドキの状況でしたけどね、
結果、何事もなくすんなりと入国できました。

入国審査の人がね、スタンプ押した瞬間に泣きたいくらいなわけですが、
冷静を装って、その場を通り過ぎるわけです。

もうね、その場でやったーーーーーーーー!!!
って叫びたい感じ。

これ、わかりますかね〜。笑

誰もこの場所で涙する人なんていないでしょう!と思いながらも、
人の目を気にしながら、涙。

私みたいに苦労した人ならわかりますよね?!
(ってどれくらいいるんでしょうか?)

張り詰めた緊張感からの解放が、
あのスタンプを押してくれた瞬間にやってきます。

そして、ハワイのあの緩い空気に触れ、
あーーーーーー帰ってこれたんだーと実感。

しばし、一人で帰ってこれたことに浸りながら、
お迎えを待ちながら、しみじみ。

彼はお仕事だったので、会社の先輩に空港まで迎えに来てもらい、
しばらくお世話になるお友達の家まで。

突然の帰国からたった2ヶ月でハワイに戻りました。
これ、奇跡的なことなんですよね。

(日本帰国した記事はこちら

3年間、アメリカに入国しない方がいいと言われたくらい
だったからね。笑

誰もがもう戻ってこれないと思っていて、
ある意味、突然消えた人になっていたところ、
突然戻ってきたわけですからね。

帰ってきて、助けてくれる人が沢山いて、
本当に感謝でした。

そして、どうしても帰りたいと思わせてくれた、
彼氏には大感謝!

彼がいなきゃ、ここまでの賭けに出ることはなかったでしょう!

こちらは、帰ってきて翌日くらいに行ったアラモアナビーチ。

また見えれて、本当に感動でした。

アラモアナビーチ

そして10日間ほどお友達の家でお世話になり、
その間に、彼には車の購入や、部屋探しを手伝ってもらって
仕事が始まるまでの間に生活環境を整えることができましたよ〜。

総合して、運がいいのかな!?

ここまでなんだかんだでスムーズ!!

が!ここで問題勃発。

っていうかね、もう何か起こるなって気はしていたのでね、
もう心の準備はできていたけれども。

さて、次は何が起こるんでしょう。笑



ブログランキングに参加しています。
クリック応援いただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
マハロ!

ハワイの遊び方・暮らし方 by Mikuniにほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

“"