今日、さっき!!またもや事件発生です。
一人でエレベーターに閉じ込められました。

初めての体験なんですけど、、、。
皆さん、こんな経験されたことあります?

家のビルの地下に車を停めて、エレベーターに乗って
最後の5センチくらいのところで、
微妙な音と共に閉まらなくなってしまいました。

まぁ、そのうち閉まるよね、なんて思っていたら
なかなか閉まらない。
あれ、マジですか?本気で閉まらない。

なぜだか、大したことないだろうと思っていて、
とりあえず、他のボタン押してみたりしたけど、
動かず、、、。

仕方がないね、と冷静に
アラームボタンを押してみて、
呼び出しボタンも押してみたわけです。

ただでさえ、英語がよく聞き取れないのに、
さらに聞こえにくいエレベーターの中でやり取り。
(でもなんだか冷静だった

「エレベーターが閉まらなくて、動かないんですけど」
「閉まるボタンも、開くボタンも押しても動きません」
「少しだけ開いてますけど、外にも出れません」

と言ってみたところ、

「開くボタンを5秒長押ししてください」
と言われ、やってみたものの、無理。

「1Fボタンを長押ししてください」
何も動きません。

「携帯電話持ってますか?」と言われて、
自分の携帯Tmobileは繋がらなかったけど、
会社の携帯AT&Tは繋がったのでその番号をお知らせ。
その後、保留にされたままになり、、、。

どんどん不安になり、旦那さんにテキスト。

幸いにもすぐに気づいてくれて、部屋にいた旦那さんが
駆けつけてくれました。

その間にビルのマネージャーにも電話してくれて、
地下に来てくれたところで、
彼から手で無理やりドアを閉めろとの指示。

言われるがまま、閉めた途端に動き出した!!

でも、1Fで停まって、その後動かず、、、。
その上、扉が閉まっちゃったから、息が苦しい。

Oh My God !!!
息ができない、、、!!
(できるんですけどもね。そんな気分)

ここで、パニックです。

やばい、このまま空気がない状態でどこまで耐えれるのか、
ギャーーーー!!ってなったわけですよ。

そして旦那さんに1Fで停まってるけど扉が開かないとテキストすると
1Fに来た彼から手で開けろ!とのこと。

やってみると、、、、

開いた!!!泣
それも簡単に!!!

そこには1Fでエレベーターが動かずに待っていた親子がいて、
拍手で出迎えてくれました。

マジで泣きそうになった。(泣かなかったけど)

私たちの感動の再会!?をこの親子は
「良かった、良かった」と見守ってくれました。

1Fについて、1−2分ほどですぐに開いたから良かったけど、
足が震え始めてたからね。

もう、マジでめっちゃ怖かったーーーとうるさい私に、
「本当に君はラッキーだったね」とまたいい感じのポジティブなことを言ってくる旦那さん。

まぁ、確かに。

▪︎会社の携帯が通じたこと、
▪︎旦那さんがすぐに携帯に気づいてくれたこと(何かに集中してると気づかない)
▪︎旦那さんがすぐに助けに来てくれたこと。

これ、幸いでした。

そして、彼がブログに書けばいいやん!って、
今日のネタができたやん!やって。

そんなこと、わかってるわーっ!て感じで
書きました。爆

こういうことがあると、日々の幸せを感じることができるから
良かったやん!っていう彼。

本当に、その通りね。

今日の癒しの写真は昨日行ってきたペレの椅子。
ペレの椅子
そう、こんな素晴らしい景色が見れるハワイに住めるんだから、
超ラッキーなわけで、これくらい大したくことない。
そう思えるわー。笑

まぁ、今日の事件で、また起こった時も対処が出来るようになりました。
本当にどこまでもポジティブに考えましょう。

皆さんもお気をつけください。
って気をつけようがないことなので、
対処法がこちらに出ていたので、今後の参考にどうぞ!

http://faq.sjnk.dga.jp/trouble/faq_detail.html?id=500394

この中の今回の私のパターンはこれですね。

▪︎ドアがずれて少しだけ開いた状態で停止している
→開けるのではなく一度手で閉じる
(緊急停止が解除されて最寄り階まで動く)

気分的にも、知っているのと知らないのでは大違いですよ〜。



ブログランキングに参加しています。
クリックが多いブログほどランキング上位になる仕組みです。
4つランキングに参加しているので、バナーを4つクリックしていただけると大変嬉しく思います。
クリックすると、今このブログが何位なのかもわかりますよ♪
よろしくお願いします。マハロ!

ハワイの遊び方・暮らし方 by Mikuniにほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へにほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(アメリカ・カナダ人)へブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク